マキアレイベル 使い方
マキアレイベルの正しい使い方とコツを覚えておくだけで、より理想の肌へと仕上げることができます。

自己流で何となく塗ってしまう人も多いのですが、量を間違えたり、使い方を間違えたりすることでせっかくの効果が半減してしまうことも…

マキアレイベルの正しい使い方とより効果をアップさせるためのコツをあわせてご紹介します。マキアレイベルを使っているのに思うように仕上がらない方はチェックしてみてくださいね。

>>マキアレイベルの詳細はこちら

マキアレイベルを塗る前の注意点

いきなりマキアレイベルを塗る前にまずは注意点について確認しておきましょう。

マキアレイベルは美白や美容液などの5役をこなす美容液ファンデーションなのですが、化粧下地は含まれていません。

化粧下地をしなくてもマキアレイベルだけである程度キレイに仕上げることができますが、やはり化粧下地をするのとしないのでは仕上がりが変わってきてしまうので、マキアレイベルを塗る前に必ず化粧下地を塗りましょう。

それではマキアレイベルの基本の使い方について説明していきます。

基本の使い方

1、手のひらに小豆大くらいのマキアレイベルをのせます。

2、指先に軽くのせ、顔の中心から外側へと伸ばしていきます。

3、肌悩みが特に気になる部分は指先に少量取り、軽く叩き込むように塗っていきます。

この後にパウダーをするだけで、理想のうるおい肌へと簡単に仕上げることができます。

これだけでも十分にマキアレイベルの効果を実感することができますが、さらにキレイに塗るためのコツをお教えします。

より潤い肌になるために!マキアレイベルの使い方のコツ

・伸ばすより軽く叩きこむように

基本はマキアレイベルを顔の中心にのせてから伸ばしていき、気になる部分にだけ軽く叩き込むように塗るとされているのですが、よりキレイに仕上げるには軽く伸ばしてから気になる部分だけでなく、全体的に軽く叩き込むように塗るようにしてみましょう。

全体的に軽く叩きこむことで、よりマキアレイベルと肌がなじむようになり、ナチュラルに仕上げることができます。

あまり力を入れて叩いてしまうと痛いですし、赤みができてしまうこともあるので、ぽんぽんと軽く叩きこむだけでOKです!

塗る前にしっかりと保湿しよう

よりツヤ感をアップさせるためには、マキアレイベルを塗る前にしっかりと保湿しておくことが大事です。

マキアレイベルには潤い成分は豊富に配合されているのですが、元の肌の乾燥状態がひどいとうまく肌にフィットしにくくなるので、より効果をアップさせるためにも保湿ケアは重点的に行ってくださいね。

ただし、保湿をしてまだ乾いていない状態で化粧下地やマキアレイベルを塗ってしまうと、化粧がよれてしまう可能性があるので、しっかりと保湿成分が肌に浸透したことを確認してから次の手順に進んでください。

最後のパウダーは少量で

マキアレイベルを塗った後にパウダーで最後の仕上げをするのですが、この時にパウダーの量が多いマキアレイベルの効果が台無しになってしまうことも。

マキアレイベルの特徴として、肌悩みをカバーしながらうるおい肌をキープできることなのですが、パウダーを多く塗ってしまうことでうるおい肌がマットな仕上がりになってしまいます。

マットな仕上がりが好きなのであればそれでもいいのですが、マキアレイベルの潤い効果を感じにくくなるので、潤い感をキープしたいなら、パウダーの量を調節してみてくださいね。

マキアレイベルは基本の使い方も簡単ですし、ちょっとしたコツを実践するだけでより潤ったツヤ肌へと仕上げることができます。

誰でも簡単に行えることばかりなので、マキアレイベルの効果をいまいち感じられないなら、一度使い方を見直してみてはいかがでしょうか?

>>マキアレイベルの詳細はこちら